株に対する知識が浅いと儲けは出しにくい事は確かです。だからと言って諦めるには早いので、簡単の方法から試してみましょう。

  • ホーム
  • こんな相場の時は日経平均先物に注目?

こんな相場の時は日経平均先物に注目?

突然ですが、最近、個人的にハマッているのが"指数先物"です。
これまで国内上場の個別株ばかり選んで売買を繰り返してきましたが、なんとなく始めた日経平均先物やマザーズ指数先物のパフォーマンスが上々。
最近は、ほぼこのどちらかがメインとなり、細かく売買を繰り返して利益を積み重ねています。
相性が良いのか運が良いのかわかりませんが、しばらく試した結果、これは人によって「向き不向き」があると考えるようになりました。

例えば、日々の銘柄選びに苦労している方です。
市場には何千もの企業が上場し、日替わりのような状況で常に株価を変動させています。
そんな目まぐるしい相場様相の中で個々の材料やテーマ、チャートなどを参考にして銘柄を探し続けるのは決して楽な作業とはいえません。
しかし、指数先物なら良くも悪くも対象が限定されていますから必要以上に悩む必要はありません。
言ってみれば、日経平均やNYダウ、マザーズなど、毎日確認するであろうあれらを見て上下を考えるわけですし、言ってみれば全ての投資家に馴染み深いものを売買するといえるのではないでしょうか。

他にも売買判断が苦手な方です。
特に早すぎる利食い、早すぎる損切りをしてしまう人は指数先物が向いていると考えます。
その理由は簡単で、これはあくまで私の個人的な感覚ですが、指数ほど動く幅が限られている印象で細かく売買する方が向いていると考えるのです。
これまで下手に欲張って持ち越したりすると、せっかくの利益を吹き飛ばしつつマイナスに転じるなんてケースも珍しくありません。
逆をいえば、損をしても持ち続けた結果、立て直したケースもありますが、なんとなく早い売買ほど勝率が高い傾向にあるような気がします。

最後にテクニカルが好きでチャートを元に売買をされる傾向にある方です。
これは敢えて言う内容ではありませんが、指数の方がテクニカルが機能しやすい気がします。
特にチャートの転換を狙う逆張りよりも、節目を抜けた際の順張りなど、王道のものがより効果を発揮する印象ですね。
もちろん、これらはあくまで私の個人的な感想になりますが、普段の売買で思うような結果を残せていない方は指数を試してみるのも良いですよ。